星遺物トークン ウルトラ,
教導の聖女エクレシア レリーフ 0P18 EU版 フランス語 遊戯王 ①,
白銀の城のラビュリンス プレイマット YUDT,
  1. ホーム
  2. 遊戯王
  3. ※A0i猫様専用

※A0i猫様専用 遊戯王 世界有名な

  1. facebook
  2. twitter
  3. linkedin
  4. pinterest

※A0i猫様専用 遊戯王 世界有名な

※A0i猫様専用 世界有名な

※A0i猫様専用
水魔神 雷魔神 風魔神 グレートモス シク 4点セット

※A0i猫様専用 遊戯王 世界有名な

※A0i猫様専用 遊戯王 世界有名な

  • 4.00

    ネグレクト親の言い分にあきれる

    Amazonカスタマー

    生田斗真の所作がハッとするほどきれいで女性として見習わなきゃと思いました。ミムラ演じる母親の言い分には呆れました。でも幼い子はどんな親でも本当の親がいいのですね。大人から見たらその選択、間違ってると言いたいけど。最後、片付いた部屋に母親の反省が伺えました。でも続かないでしょう。きっとトモはそんな母親に失望し、高校生くらいになったら一人でリンコに会いに行き、友情を深めていくでしょう。(だといいな)それを知った母親がやきもちを焼き、初めて後悔するんじゃないかと期待を込めて観終わりました。

  • 4.00

    見て損なし

    Ama

    丁寧に話が作られていて感情移入しやすい。母親のくそさが際立つ。

  • 4.00

    登場人物一人一人が愛おしい。

    笹巻き

    トランスジェンダーの生きにくさ、しかし人間としてとてもシンプルなことなんだという理解を深められる映画だと思います。多くの人にみて欲しいと思いました。

  • 5.00

    母の影響力

    せろこ

    母親に問題があるトモ、トランスジェンダーに協力的な母を持つリンコ、トランスジェンダーに理解のあるマキオ、トランスジェンダーに対して差別的な母を持つカイ、マキオとトモの母もまた子供に影響力を持つ。というそれぞれの対比があり、興味深かったです。ラストですが、この子供の母親への思慕というのは素晴らしい母親であればそれは愛情になるのでしょうけども、問題のある母親であれば子供にとっては呪いなのかもしれないと思いました。でもリンコという母の形を知ったトモは変われると良いと思います。生き方は伝わったのではないでしょうか。生田斗真の所作がとても美しく、自然でした。編むものが謎の物体で、でもその意味、供養、面白かったです。

  • 4.00

    とても良い映画です!

    パンジーママ

    生田君の女装が見たくて見ました!ところが内容は、ふざけたものでは無く、母として涙が出る場面も。最後はとてもほっこりとして素敵でしたよ

  • 5.00

    生田斗真という俳優が大好き

    Amazon カスタマー

    生田さんの演技に魅了されました。男性なのにとても美しく強い綺麗な女性。愛にあふれていて涙が止まりませんでした。また色んなところで生田斗真さんの演技が見たいです!

  • 5.00

    受け入れられることが何よりの救い

    こな

    劇場公開時に、トランスジェンダーのリンコさんを演じる生田斗真がものすごく綺麗なので気になってました。amazonプライムで見せてくれて嬉しい。リンコさんはもちろん綺麗だし、背丈や体格が気にならないくらい、話す言葉や振る舞いが「普通の女性」なので、それは演じる生田さんもとても大変だったと思いますが、ストーリーで印象的だったのがリンコさんのお母さん。多くの場合、我が子がジェンダー不一致だったら親も対応が難しいと思うんですが、何も問いただすことなくスッと受け入れて、ブラとニセ乳を上げて女の子でいたい気持ちを尊重してあげるのがすごい。小学生のトモちゃんにも「たとえ子供でもリンコを傷つけたら許さない、絶対に」とまで言うし。ちなみに、幼少期のリンコを演じている髙橋楓翔さんも結構すごい。トモちゃんの叔父でリンコさんのパートナーのマキオ(桐谷健太)も、ずっと「リンコさんは女性」とブレなく言っているのがすごいし、リンコのこともトモのことも受け入れて、ずっと側にいる態度だけは貫いている優しさがあると思う。だらしないとか言われたりしているけど、自然体で過ごしているということではないかと。母親にネグレクトされたトモ、マイノリティーとして過ごしてきたリンコ、トモの同級生でマイノリティーである認知に直面しつつあるカイと、それぞれ壁を感じている人物たちが、結局いちばん救われたのは誰かに受け入れてもらえたとき、というのは全体を通して伝わりました。人生のように、穏やかながら波乱万丈の映画でした。

  • 5.00

    最高に良かった

    Amazon カスタマー

    トランスジェンダーの話で、涙なしには見れなかった。間違って生まれてきたばっかりに、いろいろなことを呑み込んで生きなくてはならないなんて、本当にせつない。少しでもいい世の中になればいいと、見終わったあとに思った。

  • 5.00

    見てよかった。

    匿名

    作品への前知識なく、オススメにあがってきたのでなんとなくで観ましたが、観てよかったです。※以下若干ネタバレ含みますラストについて賛否両論ありそうですが、自分の身近にも悲しいことにネグレクト気味の母がいるので、なんとなくですが最後トモは産みの母のところへ帰ってしまうのだろうと察していたので、絶妙なリアリティがあり、個人的には納得の展開でした。りんこさん達と住んだほうが絶対トモの人生的にはいいだろう、とは第三者としては思うので見ていて悔しい気持ちでいっぱいでしたが…。ただ、つかの間ではあったけれど3人で暮らした日々は紛れもなく「家族」であったし、トモ→りんこさんへ対する気持ちも、産みの母へ対する気持ちとは違うかもしれないけど、紛れもなく「愛」だったなと。ずっと寝るとき(たぶん無意識に、さみしいときに持って寝てたのかなと思います)に必ず持っていたハンドタオルをトモは最後に手放し、…それも無造作に置いていかれていたから本人も気づかないうちに不要と解釈していたんでないかな。そしてそんなトモへ、りんこさんからはおっぱいのプレゼント。というのがじんわりきました。今でこそ性について理解が深まってきている世ではあるけれど実際は色んな偏見があって、例え理解があってもそれでもどうにもならないこともある。理不尽なことや悔しいこともある。そういったテーマはフィクションで描くとくどかったりわざとらしくなりがちだったりするのですがこの作品は見ていて全く嫌味たらしくなく、スッと心に入ってくる、あたたかい作品でした。なんとなく今日は表現が激しい作品を見る気分じゃなかったので今の気分にもピッタリでした。見てよかったです。

  • 5.00

    愛とは何かを考えさせられる作品

    Amazon カスタマー

    男性なのか女性なのか、産みの親なのか育ての親なのか、世間の見た目では判断なんて出来ない。両親が揃っていても金持ちでも母親に否定されたヴァイオリンの少年の方がトモちゃんよりも不幸に思えました。それでも…世間は形に見える物で判断するし、影響されるんだよなぁ。リンコが編み物をする理由や代々唄い継がれる唄がとても効果的で、切なさや物悲しさを引き出していますね。トモちゃんが置いていったボロボロのハンカチを見つけてリンコが泣くシーンでは、涙が溢れました。(あのハンカチはは忘れていったのでは無いですよね)産んだ母親が戻ってこなければ良かったのに…と思ってしまうほど、三人の関係は素敵でした。最後にトモちゃんは母親を選んだのは残念でしたが、ダメな母親とわかりつつも母親を求める心があったのだろうと思います。トモちゃんが母親のいる家に戻った時、部屋が片付いていたのできっと母親も男の人がいなければ生活が荒れ果てる事はないのでしょうねえ。(出来れば男の人がいても左右されない強さを持って欲しい)映画では男の人がいない時の母親とトモちゃんの生活が描かれていないけれど、母親らしい事もするのだと思いたい。映画の中のトモちゃんが幸せに生きていって欲しいと願わずにはいられませんでした。映画はトランスジェンダーを扱っているセンセーショナルな内容なのに、女性が社会で生きてくのに男性に左右される母親のような生き方を描いている事が残念でもありました。それならいっそトモちゃんはリンコ達と共に暮らし続けて、産みの母親には後悔して欲しかった。その点で星マイナス1ですが、生田斗真さんの演技が素晴らしかったので星5つで評価します。生田斗真さんの女装、とても綺麗で似合ってました。トランスジェンダーの女性の演技も見とれるくらい上手でした。

※A0i猫様専用 遊戯王 世界有名な

[ギフト]スモークサーモン

[ギフト]スモークサーモン