※サーチ済※ ロストアビス  200パック,
ブースターv ポケモンカード,
ポケモンカードまとめ売り,
  1. ホーム
  2. ポケモンカードゲーム
  3. ポケモンカード ゲンガーVMAX 微キズ有 SA

ポケモンカード ゲンガーVMAX 微キズ有 SA ポケモンカードゲーム 新素材新作

  1. facebook
  2. twitter
  3. linkedin
  4. pinterest

ポケモンカード ゲンガーVMAX 微キズ有 SA ポケモンカードゲーム 新素材新作

ポケモンカード ゲンガーVMAX SA 微キズ有 新素材新作

ポケモンカード ゲンガーVMAX SA 微キズ有
シリーズ···構築済みデッキ・その他

ポケモンカード ゲンガーVMAX 微キズ有 SA ポケモンカードゲーム 新素材新作

ポケモンカード ゲンガーVMAX 微キズ有 SA ポケモンカードゲーム 新素材新作

  • 4.00

    物凄い加点要素と結構な減点要素が混在する、ストーリーは微妙だがアクション性はレジェンド級の冒険活劇

    TSH

    幼少期に知識無く観た時と高校で世界史を学んだ以降で視聴すると、色々と感想や評価が変わってくる作品でした。共通して思ったのは『序盤のミュージカル含めた上海シーン微妙じゃない?』でした。「オビワン(!?)劇場」のシーンとしては、「ヒロインと子役を回収+逃亡劇でインドへ墜落」のみでそこ以外は特に必要なシーンが無かったのがまず微妙でした。まあ前作でも冒頭シーンはちょっと微妙だったので導入は仕方ないのかもですが。以前と印象が異なる点として、カリ(カーリー)やシヴァ、インドの宗教や風習、英国植民地時代への言及、インドに対する蔑視的描写、考古学者らしくない思考…辺りでしょうか。宗教&歴史の知識が増えたことで、一瞬だけ出てくる単語の意味がわかり、物語への理解がより深まった点があります。同時に、英国の植民地政策含めた「西欧の支配」を考えると、ラストでの「正義の味方」的な演出に微妙感が出たりも…また前作もそうでしたが、考古学者なのに考古学的に重要なものを軽視したり、どちらかと言えば「墓荒らし」と言われてた通りの言動が多かったのも気になる点。根本的に、ストーリーは単純明快ではあるのですが、結構冗長的な流れも多く、折角のシンプルさが損なわれてる感じもありました。そして単純故にかなりステレオタイプ&浅く、物語としては、ストーリー性よりもアクション性に重きを置き過ぎていた感じもあります。そのアクションも、アクションそのものは今でも魅力的なのですが、【アクションへの流れが強引過ぎる】のが結構多かった印象です。有名な「水攻め」とかも、途中で溶岩地帯なりを通っているのですからインダス川のど真ん中に穴開けて水量を用意したとかでもなければ作中みたいな流れにはならなかった気も…と、結構強引なシーンが多かった感じもあります。とは言えそれらの減点要素を全部入れても尚「面白い楽しい」と言うのが本作品でした。好き嫌いで問われれば文句なく★5なのですが、<質>で問われると、アクション要素が★5+とは言え、ストーリー要素や背景的な部分まで加味すると★5とほぼ同等の★4…という評価です。ただ、あらゆるエンタメへ影響を与えた作品の1つでもあり、映画・小説・漫画・アニメ…を好きな人なら一度は「元ネタ」として視聴しておく方が良いかもしれません。

  • 4.00

    最初の作品

    塩化鉄

    「クリスタスカル」を見た後なので、フォードが急に若がえった感じ。初めてみたときはノンストップアクションに驚かされたものの、今見るとこじんまりした感じだ。トロッコのシーンもさほどの迫力はない。むしろ冗漫な感じまでする。こんな無謀なことできるわけがないってシーンばかりだったが、度を越したアドヴェンチャーというのはこうしたものだよな。ただストーリーは後年のものと比べるとわかりやすい。

  • 4.00

    高い完成度。有色人種の文化を野蛮とみなす価値観はちょっと気になる:smiling_face:

    【概要(ウィキペディア)】『インディ・ジョーンズ/ 魔宮の伝説』(原題:Indiana Jones and the Temple of Doom)は、1984年のアメリカのアクションアドベンチャー映画。ジョージ・ルーカスの原案を基に、スティーヴン・スピルバーグが監督、ウィラード・ハイクとグロリア・カッツが脚本を務めた。1981年の『レイダース/ 失われたアーク《聖櫃》』の前日譚であり、「インディ・ジョーンズ」シリーズの2作目。1984年5月23日に米国で公開され、興行的には成功を収めた。第57回アカデミー賞では視覚効果賞を受賞した。1989年には続編の『インディ・ジョーンズ/ 最後の聖戦』が公開された。『インディ・ジョーンズ』の2作目であり、物語の構成としては『失われたアーク』の前日譚です。基本的には別個の作品として見ても問題ありません。エンターテイメント作品としての完成度が高いことには間違いありません。ただ、個人的には前作と比べた評価はかなり下がります。お宝を目指してのハラハラドキドキ感やそこに至る罠としてのギミックが、どうしても二番煎じになってしまいますし同じレベルで組み込むことが難しくなると思うからです。本作においても息をつかさないストーリーがさながらジェットコースターのように展開し、実際後半部分のハイライトはトロッコを使ったジェットコースターアクションとなっています。視覚的なインパクトは当時としては絶大で、豪華で手を抜かない制作陣の姿勢については今でも伝わる色褪せない作品となっています。個人的には非西洋圏の文化や風習に対する敬意がなく、野蛮で悪魔的因習に基づいたものであると感じさせる価値観が視聴する意欲を減じさせるものとしてあるのかもしれず、それが根源的な部分で受け付けられないということはお書きしておきたいです。そういう点ではナチスを悪として描いた『失われたアーク』の方が頭を空っぽにして見ることができた理由なんだろうと思います。歴史や文化に対して作品内の価値観に抵抗を覚えるなら本作は合わないかもしれません。そういうことを度外視して無心にエンターテイメント作品として向き合えるなら楽しめるだろうと思います。

  • 5.00

    シリーズ最高傑作

    maya0702

    ハリソン・フォード演じるワイルド&ダンディな考古学者による、お宝冒険アクションシリーズの第二作。傑作となる前作よりさらにパワーアップ。基本的な流れは同じなのですが、二番煎じ感がまったくないところに感嘆します。ジェットコースター、激流下り、ゴーカート、フリーフォール、お化け屋敷、その他諸々遊園地のアトラクションの要素てんこ盛り。そして相変わらずの洒落たユーモア。完璧です。本作は、部屋を暗くしての大画面での視聴がオススメです。思わず仰け反ってしまうこと請け合いですよ。天才ジョージ・ルーカス監督、そして同じく天才スティーヴン・スピルバーグ監督の傑出したエンターテイナーぶりがよくわかる作品です。

  • 5.00

    タイトルは知ってたけど、見たことがなかった

    匿名記者

    視聴者を飽きさせないほど展開やテンポバランスが良い。非常に面白い。

  • 5.00

    面白い

    井上 ひろ

    改めて、面白いと思います。

  • 5.00

    インディアナ・ジョーンズ・シリーズ中の最高傑作

    ジャコバン派

    1984年の作品だが、今観てもその面白さは、まったく色褪せていない。インディアナ・ジョーンズのシリーズ中の、最高傑作だと思う。DVDも持っているし、以前はTVで何回となく放映していたので、数十回は観ているだろう。しかし、繰り返し観ても飽きない。他の方が、本作の良い点について書かれているので繰り返さないが、とにかく見せ場の連続だ。私が特に好きなのは、上海のナイトクラブ「オビ・ワン」で、ウィリー(キャプショー)が「Anything Goes」を歌うシーンだ。古き良き時代のブロードウェイ・ミュージカルを連想させる、良い曲だ。この曲は、コール・ポーターのヒット・ミュージカルであり、出世作といわれる同名ミュージカルの劇中歌だ。曲中に出てくる「Anything goes」を、本作の字幕では「私に火をつけて」といった趣旨に訳していてが、疑問だ。あるウェブサイトによれば、この曲の趣旨は「清教徒が北米大陸に上陸してから、何もかも変わり、今では何でもありだ」だそうで、「Anything goes」は「何でもありなんだよ」と訳している。恐らく、こちらの方が正しいのだろう。上記ミュージカルは1934年のヒット作だそうだが、映画の冒頭部分の舞台は、1935年の上海なので、つじつまが合っている。なお、ケイト・キャプショーは本作のオーディションでヒロインに抜擢され、1991年にスピルバーグ監督と結婚した。主要な舞台はインドだが、恐らくインド人が見ると、おかしな点が沢山あるのだろう。外国映画に見る「変な日本」のようなものだろう。しかし、単純に楽しめばよいと思う。なお、それほどあからさまではないが、一部に性的な表現が見られるので、子供向きとは言えないと思う。

  • 5.00

    クラシック

    bolla di sapone

    インディー・ジョーンズ・シリーズが未だリメイクされないのは用心棒やスターウォーズと同様の理由からだろう。演劇やミュージカルのような総合芸術の最高峰の作品。

  • 3.00

    古代文明へのリスペクトに欠ける考古學って何?

    月下乃讀書人

    1984年に公開、ハリソン・フォードは相変わらず三枚目ですね。このシリーズ全體に共通した傾向ですが、アクションとしては文句なしに良く出來てゐて、適度なスリルとテンポの良い展開は文句なしです。一方で、「考古學」というフィルタを通したミステリーの部分は、特撮やセット等制作面では非常に出來栄えは良いですが、古代文明や其の末裔達に對するリスペウトに欠け、恰も悪魔教でありカルトの様な描冩をして、破壊されるべき對象としている點が氣になります。高いエンタメ性の中に巧みにキャンセル・カルチャーを擦り込ませた、いかにもリベラル思想が牛耳るハリウッド、の典型ですね。本作にはその傾向がとても強く見られます。少し別の見方をすれば、其れがハリウッドの建前なのかも知れませんが。

  • 5.00

    シリーズ最高傑作と思える良作冒険活劇です。

    デーエス

    結論言うと、面白いです。映画インディ・ジョーンズの人気を不動にしたシリーズ最高傑作と言えるでしょう。2022年現在では小学生向けには適さない描写もありますが、一人で観ても家族で観ても楽しめる作りは健在です。ま~興味が有れば観た方が良いと思える映画です。オススメですよ。

ポケモンカード ゲンガーVMAX 微キズ有 SA ポケモンカードゲーム 新素材新作

[ギフト]スモークサーモン

[ギフト]スモークサーモン