【動作確認済・激レア】ファミコンソフト「ファイナルミッション」美品,
リディー&スールのアトリエ ~不思議な絵画の錬金術士~ アトリエ20周年ボックス,
五等分の花嫁∬ 夏の思い出も五等分 限定版,
ウィザードリィⅡ・リルガミンの遺産 Ⅲ・ダイヤモンドの騎士,
  1. ホーム
  2. 家庭用ゲームソフト
  3. 大乱闘スマッシュブラザーズSPECIAL マリオカート8 スプラトゥーン2

大乱闘スマッシュブラザーズSPECIAL マリオカート8 スプラトゥーン2 家庭用ゲームソフト 日本初の

  1. facebook
  2. twitter
  3. linkedin
  4. pinterest

大乱闘スマッシュブラザーズSPECIAL マリオカート8 スプラトゥーン2 家庭用ゲームソフト 日本初の

大乱闘スマッシュブラザーズSPECIAL スプラトゥーン2 マリオカート8 日本初の

大乱闘スマッシュブラザーズSPECIAL スプラトゥーン2 マリオカート8
Nintend0 Switch パッケージ版! 新品未開封品3本セット! ❶大乱闘スマッシュブラザーズSPECIAL ❷スプラトゥーン2 ❸マリオカート8デラックス すべて外のフィルム未開封です。 ━━━━━━━━━━━━━━━━━ ■バラ売り、お値下げ不可 無言即購入0Kです。 ◆当日便の〆時間(ネーム欄) ご確認お願いします。 ■プチプチあり/送料無料/匿名配送 ■是非ご検討くださいませ。 任天堂 スイッチ ソフト

大乱闘スマッシュブラザーズSPECIAL マリオカート8 スプラトゥーン2 家庭用ゲームソフト 日本初の

大乱闘スマッシュブラザーズSPECIAL マリオカート8 スプラトゥーン2 家庭用ゲームソフト 日本初の

  • 5.00

    NOMORE WAR

    NO WAR

    さんさんとした実に必見の作品である。85歳を迎えたロバート・ストレンジ・マクナマラ氏渾身の作品と言えるだろう。その内容は実に暗黒のように巨大なマクナマラの生涯普遍不朽の自己哲学に道々としたものとなっている。その固くのななまでのマクナマラ氏の哲学に真っ正直な統計学、論理学、倫理学、を如実に結集したドキュメンタリーとしてこの作品に反映されている。マクナマラ氏は現在を問わず将来の戦争のあり方に実に広範に渡る知識を提供している。その内容は電子計算的論理と揶揄される程であるが、この作品は’戦争’と言うゾッとした苦渋に満ちた事象を正確に描写している。反面この作品を見ることにより得る物は多くある。果たして過去の戦争から得られる物は”何か”この懸案を解き秘められる、それがこの作品から得られる”成果”であろう。

  • 5.00

    まだソ連は相手の立場に立って考えることができた、と

    ib_pata

    ハルバースタムが描いたようなマクナマラ像が変わり始めたのは1997年にベトナムを訪問して、ボー・グエン・ザップ将軍などと会談したあたりから。95年に回顧録を発表し、ベトナム戦争は間違いだったとして、ベトナムとの対話を希望したんです。 良くも悪くも、なんというアメリカンな態度だと思いました。ベトナム側も提案を受け入れ、NHKも独自にスペシャル番組をつくったと思います。そこで印象的だったのは、戦争初期、米国側の調査団が入ったとたんにベトコンが猛攻撃を行ったおかげで米国世論が硬化したのだが、なんであのタイミングで攻撃したのか?という質問でした。ベトナム側の答えは「米国が調査団を送ったということは知らない。攻撃命令はずっと前に出されて、仮に中止したくても作戦終了まで連絡手段はなかった」というものだったように思います。なんという非対称性だと思いました。 この映画でもグエン・コ・タク外相との対話が語られています。マクナマラは双方があれほど血を流さずとも目的を達することが出来たのではないか、とグエン・コ・タク外相に問うんです。「あなた方は340万人の死者を出した。これは米国の人口規模に直すと2700万人に達する。それで確かに独立したが、統一を含めて我々が初期段階で与えようとしたもの以上を得ることが出来たのか?あまりにも人的被害が大きいとは考えないのか?それを悲劇とは思わないのか?」と。 正直、あれだけ絨毯爆撃をやって、枯れ葉剤まで蒔いたヤツがよく言うわと思ったんですが、グエン・コ・タク外相の答えは、ざまえみろと思うと同時に、悲しくもなりました。元外相は「あなたは歴史を知らない」「アメリカは隷属させようとした」「我々はソ連や中国の駒(ポーン)ではない。我々は1000年もの間、中国と戦ってきたのだ。我々は独立のためならどんな圧力にも屈せず、最後の1人まで戦い続けたろう」と言いました。 悲劇です。

  • 4.00

    貴重な独白。暴力ではなく、話してみることが大事だと思います。

    Utah

    本人が語る東京大空襲、キューバ危機、ヴェトナム戦争。統計/計算機を使った効率的な業務遂行を得意としたマクナマラ氏。第二次大戦終了と共に、傾いていたフォードを廉価車で立て直して、社長になります。5週間後にはケネディ大統領によって国防長官に。 計数に優れ、リーズナブルで、有能な同氏。ケネディ、ジョンソン大統領に仕えます。ヴェトナム戦争拡大をするジョンソン大統領と意見が対立し、解任。大統領によって世銀の長になります。こういった独白を遺したのは、貴重なことだと思います。ただし、「これ以上は語らない」とエピローグで言います。「答えたい質問にだけ答える」ことを学んだとのこと。 戦争はすべてを破壊する、冷酷なもの。一晩で10万人殺した東京大空襲も「敵を弱らせるのに有効だったから。負ければ人道違反で戦犯とわかっていた」。枯葉剤も「禁止薬剤だったら許可しなかった」。「(たった一人で始められる)核戦争の危険は今もある」と警告しています。 キューバ危機は、ソ連が何を考えているか、相手の考えがわかったから止められ、ヴェトナム戦争ではわからず泥沼に。戦後、ヴェトナム高官に訊いてみると「中国は1千年の敵で、ソ連/中国のための戦争ではなかった。自分達の独立/自由のためだから最後の一人まで戦う積りだった」とのこと。disputeに、暴力ではなく、話してみることで対応していくこと、大事だと思います。

  • 5.00

    淡々と元長官の話を伝える

    キョロちゃん

    ルメイの話は参考になります。一晩で10万の市民を殺したのは正しいのか?と東京大空襲に言及しています。作戦に参加した者も懐疑的であったといいます。これを指導したのはルメイで広島、長崎への原爆投下もルメイとのことです。日本政府が戦後、ルメイに勲章を貸与してますが、これら事実をもって取り消していただきたいです。もし、戦争に負けたときは、我々は戦争犯罪人になる、というルメイの言葉、これをもってしても東京裁判が間違っていることを示すものでしょう。

  • 5.00

    戦争論

    TOM

    DVD版「マクナマラ回顧録」です。冷戦終了まで生き延びた、第二次大戦、キューバ危機、ベトナム戦争の当事者だからこそできる貴重な考察です。彼の最後のメッセージを私達は胸に刻まなければなりません。「戦争はあまりに複雑で、分析に多大な時間とエネルギーを要する。従って私達の犯した失敗経験を若い人に引き継いでもらわなければならない。」というものです。このようにマクナマラは自分を超えた何かのために忠実であろうとしてきました。当時も今も。

  • 5.00

    貴重なドキュメンタリー

    Yotsume

    ケネディ政権の「ベスト&ブライテスト(最高で、最も頭の良い人たち)」と呼ばれた中でもロバート・ケネディに次いで名を知られ、最も有能であると見なされたロバート・マクナマラ元国防長官/世銀総裁をドキュメンタリーの名手エロール・モリス監督(「Brief History of Time」)が撮影したインタビュー。「戦争の一部だった」自身の人生のエピソードをマクナマラが教訓を引き出しつつ語る、という形式。極めて冷静/冷酷に、統計学的根拠と法律的正当性とを計算して判断を下すマクナマラの姿は実に見応えがある。たとえば彼は東京大空襲などを現在から振り返って不要だったと断罪する。その理由が、残虐だとか無差別爆撃だということではない。「日本を敗退させるのに喪失した人命(日本人の)が多すぎる」ということなのだ。「目的(勝利)を達成するのにコスト(人命)がかかりすぎる」という経営学的な考え方だけで判断ができてしまうことに視聴者は衝撃を覚えるだろう。そしてそんな彼が感情を露にする場面は非常に感動的である。発売当初は4,000円弱だったが、現在ではほぼ半額の2,000円。これは購入するのに妥当な金額だと思う。ただ、「戦争の一部だった」人生だけにベトナム戦争や第二次大戦について多少なりとも知識がないと興味をひかれないだろう。

  • 4.00

    決して「決して」とは言うなとマクナマラ語りき

    あまでうす

    彼が波乱の生涯から学んだ11の教訓に準じて、11のパーツがうまく編集されているのが面白い。例えば「敵に感情移入せよ」というテーゼがあったからこそケネディはフルシチョフとの間で一触即発の危機を避けられた、とか、「戦争にもバランスが必要だ」という命題を無視したから彼の上官のルメイは1晩で10万人の東京人を虐殺した、とか、「理性は頼りにならない」からこそ冷戦中に3度核戦争の瀬戸際まで行ったが、「自己を超える何かがある」からこそ、地球滅亡を避けられたという塩梅に過去が自在に想起されるのである。しかし彼は原爆投下や投球大空襲、北ベトナム爆撃などに対する一定の責任を認めつつも、その最終責任はつねに彼の上級管理職であるルメイやジョンソンになすりつけ、己の主体的な自己批判はいっさい回避して口を噤むあたりが、卑怯でもあり老獪でもあり、人間的であるとも映るのであるが、それにしてもインタビュアーのキャメラのレンズにまともに向き合い、正々堂々と批判に答える態度はいさぎよくて男らしさも感じる。彼は過去に多くの失敗を犯したことを認めながら、しかしその失敗を「後知恵」で反省し、再度の失敗を防止しようと願ってこの映画に出演したのである。マクナマラの教訓の第10番目は、Never say never。そして最後に「人間の本質は変えられない」と来てこの映像回顧録は幕を閉じるのだが、彼の提案を受け入れ、ベトナム戦争からの撤兵を受け入れた直後に暗殺されたケネディの思い出を語るとき、突然の驟雨に濡れそぼるマクナマラの真っ赤な目に、彼のJFKへの忠誠と献身を感じないわけにはいかなかった。

  • 3.00

    この映画でマクナマラを好意的に見るようになる人は危険

    山根晋爾

    まず驚いたのは、このアマゾンレビューの内容だ。やはり映画というものの影響力は凄いな、と感じざるをえない。第二次大戦からベトナム戦争にかけてのアメリカ映画がどれほど意識的に作られているかは当然の事だが、この映画はその延長上にとどめのように作られた映画。どんなものでも利用する。しかも隠れてやるのでは無く大衆に見える形で堂々と欺くのがアメリカの十八番だがその典型的な映画。そういう意味では物凄くアメリカ的な映画。11の教訓を軸にマクナマラをインタビューしていくわけだが、その教訓自体は大したものではない。ただ近代史の主な戦争を全て高次元で関わってきた男の話は実体験から来る奥行きがあって引いてみていても魅きつけられてしまう。最高の頭脳と最高の経験をもった男の大衆用の答えが示された映画。彼の言葉で思わず笑ってしまったのが「政府の仕事をするようになって学んだ事は、答えたい質問にだけ答えるという事」経験に裏打ちされた説得力で内容の薄さを忘れさせるほど。インタビュアーの質問が緩過ぎてイライラしてくる。マクナマラのエグい凄さというのをドキュメンタリー手法で追うのは無理でしょう。本人が語っているという事だけに価値がある映画です。

  • 4.00

    ベスト・アンド・ブライテストの回顧録

    日本太郎

    ロバート・マクナマラ・・苦学を重ね、ハーバード大で最も若くして教職につきそこで教えていた統計管理を陸軍入隊後、戦略爆撃(東京大空襲)に応用する。その後、経営不振のフォードに入りマーケティングを実施し小型大衆車の発売、衝突実験やシートベルトを開発により業績を回復させ社長に就任。その直後、ケネディ政権にスカウトされ国務長官に就任とまさにエリート街道を歩んだ彼の映像版の回顧録。本作はインタビュー形式で過去を振り返りそこから11の教訓を導き出すという形になっている。カーチス・ルメイにより実施された東京大空襲は一晩で一般市民10万人が焼死した。その他、名古屋、横浜など原爆を落とすまでに日本中の都市の半分以上を焼失した戦略爆撃は立案に関わったマクナマラ本人としても凄惨な出来事だった。「負ければ犯罪者だが勝っても許されるか?」この問いは第二次世界大戦の欧州戦線の3倍近い量の空爆が行われた北ベトナムにも生かされなかった。キューバ危機はケネディ・フルシチョフ・カストロとみな理性を持った人間でありながら破滅の手前まで行ったことから理性は必ずしもあてにならないとの教訓を得たそうだ。その時重要だった相手の身になって物を考えることが、ベトナム戦争ではできなかったと言っている。ベトナム反戦抗議としてペンタゴンで焼身自殺したモリソン事件はマクナマラにも心の傷となっているようだ。見た目には華やかな彼の経歴も冷戦と核戦争の恐怖、ルメイやジョンソンとの対立と胃の痛くなるような事と常に隣あわせだった。それでも本作のように過去を振り返り教訓を得ようとできるのは外からは理性の塊と見える彼が自分の存在を超えたものに畏敬の念を持っていたからだ。

  • 3.00

    無骨

    橋本寛樹

    無骨スタイルにはとても合うと思います……ただ、物凄く特有な匂いと、油感……使用前にはドライクリーニングは必須やと思います

大乱闘スマッシュブラザーズSPECIAL マリオカート8 スプラトゥーン2 家庭用ゲームソフト 日本初の

[ギフト]スモークサーモン

[ギフト]スモークサーモン