STUSSY × NIKE AIR F0RCE 1 MID 27センチ,
NIKE DUNK HIGH "CHAMPI0NSHIP NAVY",
sakaiakas様専用,
  1. ホーム
  2. スニーカー
  3. ジミーチュウ メンズ スニーカー サイズ42(27cm)

ジミーチュウ メンズ スニーカー サイズ42(27cm) 高質

ジミーチュウ メンズ スニーカー サイズ42(27cm)
ジミーチュウのスニーカー サイズ42 (27cm)です。 2年ほど前に購入しました。購入金額は約7万円です。 使用感はあります。靴紐は交換していただく必要があると思います。 中古品になりますのでご理解いただける方のみご購入お願いいたします。

ジミーチュウ メンズ スニーカー サイズ42(27cm) スニーカー 高質

ジミーチュウ メンズ スニーカー サイズ42(27cm) スニーカー 高質

ジミーチュウ メンズ スニーカー サイズ42(27cm) スニーカー 高質

  • 4.00

    今観ても、怖い映画

    響子

    未来を予見してしまったかのような、犯罪映画。T・スタンプの怪演が観られる60年代カルト・ムービーの一つ。一見ハンサムで好青年のフレディ(T・スタンプ)。彼は蝶のコレクター。彼が思いを寄せるのは、美しい女子大生ミランダ(S・エッガー)。フレディーが思いついたのは、彼女を誘拐、監禁して自分だけのコレクションにする事。T・スタンプはこの演技でカンヌ映画祭主演男優賞、S・エッガーも主演女優賞。アカデミー賞でも3部門でノミネートを受けている。最初に観たのはもう数十年前。その時のインパクトは凄かった。今観ても怖いと思うのは、現在日本でも起きている事件だから。T・スタンプの本作での演技を見て、A・ホプキンスが「羊たちの沈黙」のレクター役を演じる際に目の動きや瞬きを参考にしたと、語っていた。監督は巨匠W・ワイラー(「ベン・ハー」「ローマの休日」)怖ろしいのは、緻密な計画を立てる頭脳の明晰さ、一見紳士のようにふるまいながらも冷酷で利己的なフレディーの異常性と猜疑心の強さ。ミランダが観念して身をまかせようとしたシーンで豹変する、フレディーの潔癖症が心底怖い。ラストシーンも印象的。★4〜4・5

  • 5.00

    かなりの精度

    hirohirohello

    GPSの位置情報だけで作動するスピードメーター。本体だけで完結出来ます。ケイデンスセンサーをクランクに装着するだけでケイデンスも算出出来ます。徒歩の時速2km前後の移動もきっちり計測できます

  • 4.00

    じわじわ恐ろしい

    DJ TOSHi

    まるで性犯罪の成り行きを追ったような作品でゾッとします。正気を逸脱してしまったストーカー男の異常心理を目の当たりに。彼女を軟禁状態にするさまはまるで虫かごのよう。主演のお二人が作品の質を最大限に高める好演です。男の粘着質と煮え切れないさまがなんとも観ていて嫌な気分に。大切な女性を結果的に殺してしまったのに更なる物色。屈折した性癖というのは死ぬまで治らないといったとこでしょうか。人間大金を手に入れるとロクなことがないというのも教訓かな。

  • 4.00

    テレンス・スタンプの目の演技が凄い!,

    スレイブデイトン

    今ではごく当たり前のように撮られている異常犯罪者のPsycho-Thriller物ではあるが、当時としてはヒッチコックの「サイコ」に次いでこの手では傑作の部類に入る作品である。兎に角、テレンス・スタンプが惚れ惚れするような名演技。全くOver-Actする事なく、淡々とその異常っぷりを演ずるのは、アンソニー・パーキンスと対を成す。サマンサ・エッガーを抱きかかえる後姿は正に、クリストファー・リーのDracula伯爵を髣髴とさせる。地下室の石段で膝を抱えて座っているその姿は不気味で背筋がぞーっとする。最近のこの手の作品でやたらRapeし、殺しまくるその残虐な犯罪手口の異常さで見せる犯人役とは違って見事と言えるだろう。それだけにサマンサがアカデミーにNominateされ、テレンスがNominateされなかったのは「エクソシスト」のリンダ・ブレアが助演賞を受賞できなかったのと同様に良識有るアカデミー協会の抵抗であろうか(カンヌでは男優賞受賞)?テレンスはこの作品以降、フレディ役が余りにも強烈過ぎて、パッとしなかったが「プリシラ」で(これもトンでもない役だが)完全復活し、最近もそこそこ活躍しているので、今後も頑張って欲しい(「スーパーマン2/冒険篇」でのゾッド将軍役もカッコ良くて大好きです)。★4.5個差し上げます。

  • 5.00

    現代に通じる「マニア心理」

    西村哲也

    現代にも通じる「マニア心理」を 巧みな映像+熱のこもったセリフ・表情で 示した作品であります。(主人公と同じ心理は万人に共通するものであり 自己抑制に欠けていたが故に起きた悲劇だと思います。) 倫理を超越した「マニア魂」あふれるラストも印象的です。

  • 5.00

    なかなか評価が難しい名作

    cecedece

    映画としては★5つだと思う。ただなんというか懲りないやつらの映画ならまたやるかでいいのですが。この映画のラストはこいう終わり方でいいのかなと。個人的にはサマンサ・エッガーを木の下に埋めた段階で終わった方が良かったのでは。いろいろとストーリーのその後に思いをめぐらすことが出来て・・・・。ただ、こういう映画の終わり方のセオリーに敢えて挑戦したのでしょうか?セオリー通りでない終わり方に最後に「ええ〜」という感じです。どうも最後のシーンにこだわりますが、それまでの心理と表情の変化はもう怪優テレンス・スタンプの面目躍如です。すごく上手いです。サマンサ・エッガーもいいです。(関係ないですが、この翌年に日本にロケに来ているなんて信じられないです)全くの雑談。Imdbで調べてみたら、最後の次の犠牲者候補(看護婦さん)はビートルズのハード・デイズ・ナイトにも出ているということです。「ディスコの女性」・・・これではわからない。ただ名前を「EDINA RONAY」といってその後ちょっと有名になります。面白いですね。

  • 5.00

    予言している・・・

    vadim

    この映画は1965年の作品だそうです。昔テレビで見たとき、なんか、誘拐犯のテレンス・スタンプに感情移入しました。しかし、今では、このような監禁事件は現実に時々あり、とんでもないよ!と思います。本当に彼がいかにして女性を監禁し、殺して葬ってしまうに至るか、の心理的軌跡がちゃんとつづられています。男性は、プライドが繊細で性欲もあり、いかに上手に特に母親が少年時代に彼を理解して導かなければならないか、そのことによって、場合によっては犯罪者が作られてしまうことが、良く分かります。また、サマンサ・エッガーが演じたミランダによって、究極の状況に追い込まれた女性が、どのように感じるか、が、分かります。彼女はあんなにつらい目に合わされていても、彼をスコップで殴って血だらけにしてしまったとき、彼が死なないように、ほんとうに願ったし、(監禁されている自分が生き延びるためではない!)、また、彼と肉体的に結ばれようとしたとき、体を許して逃げ出そう、生き延びよう、と策略したのでは、なかったんだと、思います。彼には理解されなかったけれども。監禁された地下室で、まだ死にたくない、絵を描きたい、と彼女が言うとき、たとえばアウシュビッツで死んでいった衰弱した人たちが、心に思ったことを、連想しました。音楽は、なんとモーリス・ジャール!です。ドクトル・ジバゴなど思い出すのですが、この映画では全く音楽の趣を変えて、トランペットを使って、ちょっと変わり者の彼の独自の世界を、印象深く表現してみせた、と思います。監督もワイラー!ローマの休日、の人ですが、大したものです・・・

  • 4.00

    サマンサ・エッガーが・・

    スポッチ

    あらすじは単純ですが、サマンサ・エッガーが何と言ってもいい。テレンス・スタンプの評が多いのですが、ぼくはなんと言ってもサマンサのかわいさがいい。そのかわいさが、この映画引き立てているのです。サマンサなくして、この映画の良さは出なかったのは間違いありません。

  • 5.00

    蝶の収集家は危ない人が多い?

    ゲバラ

    原作はジョン・フアウルズの「コレクター」で昔はポルノ扱いで高校生は読んでいけなかった。この映画は「ベンハー」のワイラー監督で真面目な人が異常な映画を撮ったので高校生のとき見た。口をいつも歪めている人畜無害な銀行員が女性にクロロフォルムを嗅がせて拉致して監禁する。これはレイプするんだろとはらはらして見たが何にもしないので気が抜けた。なーんだというのが高校生の感想。男は蝶の収集家である。どうも蝶の収集家といえばあの人か。あはは。別に変質者と紙一重などとは言いません。私は女に唾も吐かれたことない。もう完璧にもてないが監禁しようなど思ったことはない。渋沢龍彦は「スクリーンの夢魔」でこの男をネクロフィラス(死体愛好)と指摘している。そして「この映画のなかで最も美しい場面がーーー女がまたしてもクロロフォルムを押しつけられて嗅がされて、一瞬、蝶に変貌するところの場面である」DVDで見直すと思わず息を呑む美しさである。後味はあまりよくない映画だがこの場面を見るだけでも買って損はない。マリア・シャラポアの趣味は切手の収集である。高い切手でなく普通の。これ微笑ましい。

  • 5.00

    すべてのサイコホラーのイコンです。

    damondo

    この映画を初めて観たのはまだ十代のころテレ朝かどっかの昼の10時頃に放送されていた洋画の中の一本でした。子供の頃からハマープロ製作のモンスター映画やロジェバディムやポランスキーの怪奇映画に慣れ親しんで来た人間には割りと普通に観れたのですが、少女を襲うのがモンスターなどではなく、ごく普通の、むしろ世間的には真面目と見られる青年であるというのがとにかく衝撃的で、どうしても忘れがたくその後もレンタルビデオ屋を必死になって探し回った事が思い出されます。この映画の元ネタがテッドバンディかどうかは分かりませんがその後の映画界に与えた影響は計り知れません。『エイリアン』と並ぶ革命的な作品である事は間違いないでしょう。映画の源流はホラーにあるのだと認識を新たにするはずです。ちなみに同じ頃テレ東の深夜に放送されて衝撃を受けたのがジャックタチの『ぼくの伯父さん』でした。

ジミーチュウ メンズ スニーカー サイズ42(27cm) スニーカー 高質

  1. facebook
  2. twitter
  3. linkedin
  4. pinterest

ジミーチュウ メンズ スニーカー サイズ42(27cm) スニーカー 高質

[ギフト]スモークサーモン

[ギフト]スモークサーモン